【レビュー】ココナラでアイコンを依頼して大満足した件【Twitter&ブログ用】

f:id:yamatoblogger:20190302220159j:plain

Twitterやブログなどでイラストのアイコンもいいなぁ

 

顔出しするのはちょっと抵抗がある…

 

かわいいアイコン羨ましい

 

というケースはけっこう多いです。

 

僕もそんなふうに思ったので今回ココナラで初めてイラストアイコンの外注をしました。

 

この記事ではココナラを利用してみたリアルな感想をレビューしていきたいと思います。

 

 

 

なぜ依頼しようと思ったのか

 

実は僕もはじめの頃は自分の写真をアイコンにしていました。

 

しかし、だんだんリアルでの職場の人や知人に知られると少し困るのでは?と思うようになっていきました。

 

というのも上司などに見られてしまうと監視されているような気分になるので書きたいことも書けなくなりますし。

 

気を遣って言えないことや、普段から思っていること、感じていることを正直に言ってしまうと人間関係が悪化しかねませんから。

 

そんなことを考えている時です。

 

いろいろな方のTwitterやブログを見ていると圧倒的な割合でイラストのアイコンを使っているという印象をうけました。

 

少なくとも収益化を狙うのであればひとつの選択肢としてはアリだと思います。

 

ではなぜ、あえてお金を払って依頼をしたのかというと情報量を詰め込めるからです。

 

僕が重視したのは「パッと見で特徴が伝わりやすいように」という点です。

 

 

もともと絵を描くことができる人なら思うように描くことができるんでしょうが、

 

僕が絵を描いた場合は、何の絵なのかがサッパリ伝わらないものになってしまいます。

 

 

バランスも悪く変なところから手足がはえているエーリアンみたいな感じに仕上がるでしょう、きっと。

 

 

というわけで自分の好きなものや得意なものが、パッと見でわかりやすい絵を描いてもらうために依頼をすることにしました。

 

 

今回は名前を聞いたことあるくらいの認知度だったココナラを利用しました。

 

お値段もアイコン作成の相場は500円~3000円ほどみたいです。

 

これくらいでオリジナルのアイコンが作れるなら高くはない投資になるかなと思います。

 

ココナラとは?

f:id:yamatoblogger:20190227233728j:plain



 

ココナラは、知識・スキル・経験を売り買いできるフリーマーケットです。引用:ココナラ

 

 このように公式のHPには書かれています。

 

さらに補足を入れるとココナラでは

  • デザイン
  • 占い
  • イラスト
  • WEB制作
  • ナレーション

…などなど、多くの種類についての取引がおこなわれています

 

自分で依頼をすることもできれば、逆に自分の特技をいかして仕事をすることもできます。

 

例えば、イラストが描ける人は依頼を受けて収入を得ることもできるので利用の仕方はそれぞれですね。

 

正直、金銭的なやりとりがあるので不安だったりもしましたが、

 

  1. お金をココナラに支払う
  2. 依頼がスタート、やりとり開始
  3. 納品、評価
  4. ココナラから相手に支払い

 

という手順なのでココナラを経由して支払いをするシステムなので詐欺などの可能性はかなり少なくなると思います。

 

実際に僕も不安なく取り引きをおこなうことが出来ました。

 

ココナラに登録

ということでさっそく登録していきます。こんな画面が出てきました。

f:id:yamatoblogger:20190227234027j:plain

Face Book』や『yahoo ID』でもログインすることができるのでアカウントをすでに持っている場合はかんたんに登録することができます。

 

僕は新規登録でログインしましたが3分もかからず登録できました

 

ここでのポイントは、依頼すると出品者と内容に関するやりとりをするようになります。

 

なので登録するメールアドレスは普段から自分がよくチェックする事ができるアドレスの方がいいかと思います。

 

登録は無料でできるので迷っているのであれば、サックっと登録しておくと後で面倒くさくならずにすみますよ

 

 

 

 

依頼する前の注意点

 

実際に依頼をするときのポイントを3つにまとめました。

 

依頼で失敗をしたくないと思うのでしっかり注意した方がいいかなと感じました。

 

  1. 自分のイメージに近い作風かどうか
  2. 出品者の評価をチェック
  3. 現在お願い中が何人なのか

 

まずは、自分のイメージをざっくりでもいいので決めておくと出品者さんを選びやすいと思います。

 

  • キャラクター風
  • アメコミ風
  • イラスト風  

などなど…

 

出品者さんによって特徴がわかれてくるのでイメージに合う人を決めていきましょう。

 

僕の場合は、水彩画風のタッチが気に入ったので今回依頼した方に決めました

 

 

出品者の評価をみてみると過去に取引をした評価をみることが出来ます。

 

僕の場合は話し方などを見て、ていねいな対応をしてくれそうかをチェックしました

 

どんなに気に入るようなイラストを描いてもらえたとしても対応が悪かったら満足する

ことはできないと思ったからです。

 

 

そして現在のお願い中の人数は何人なのかも確認したほうがいいかもしれません。

 

納品するのにどれほど時間がかかりそうなのかを知ることができるので、

 

時間がどれくらいかかりそうなのかのという目安にすることができます。

 

 

f:id:yamatoblogger:20190302223318j:plain

 

実際に依頼してみる

 

ここまでくれば、あとは実際に依頼をするだけなんですが初めてのことなので少し緊張しました。

 

個人的に一番ドキドキしたポイントはココでしたね(笑)

 

実際にやりとりをしてみない事にはわからないこともあるので不安が大きかったです。

 

 

これは依頼した方によるところが大きいとは思いました。

 

ですが少し勇気をだして依頼をしたあとはサクサクとやりとりすることが出来たので、

そういったストレスはまったくありませんでした。

 

今回、ぼくは親切な対応をしていただけたのでとても満足な結果だったと思います

 

 

 

描いてもらっての感想

絵の仕上がりに対しての不満はまったくありませんでした。

 

というむしろイメージ通りの仕上がりで満足度も高いですね。

 

今回はおおむねのイメージが決まってはいましたが、微調整はメッセージをやりとりして決めていきました。

 

出来上がった絵を見ていると自分の分身ができたような気がしました。

 

自分の変わりにプロフィールになるのでスゴく愛着もわいてくるので依頼をして良かったと思います。

 

 

感じたココナラのデメリット

 

納品されて出来上がったものは、なんの不満もありませんでしたが細かく言えばデメリットも感じました。

 

出品者さんによって満足度が変わる

 

今回の僕の場合だととても満足感のある仕上がりでした。

 

しかし出品者さんの対応が悪かったり、イメージを共有することが出来なかった場合は

評価も悪くなりそうだなぁと感じました

 

いかに自分にあった出品者さんを見つけられるかが大事だと思います。

 

 

 

メールがいっぱい来る

依頼に関するやりとりをしているときはありがたいんですが、

 

依頼が完了してからもメールがバンバン来ます(笑)

 

僕もすぐにチェックできるアドレスを入力していたので、ちょっと鬱陶しく感じました。

 

用がすんだらメールの設定をオフにしたほうが良いかもしれませんね。

 

まとめ

 

というわけで今回はココナラにてアイコンの画像を描いてもらいました

 

何度も繰り返しますが、はじめての外注ということもあり、依頼をするまではドキドキでした(笑)

 

ですが今回の出品者さんはとても親切な方でこちらのイメージをくみ取るようにメッ

セージをやりとりしてくれたので安心できました。

 

ですがなるべく失敗するリスクを減らすためにある程度のイメージを作っておく方がいいと思います。

 

 

そして細かい点を調整してもらうくらいが丁度いいんじゃないかなと感じました。

 

とはいえちゃんとお金のやりとりを経由していて相手もプロ意識が高い方がおおいので、

 

ちゃんと気を付けていれば失敗することはないと思います。

 

自分のイメージを具現化してもらえるとモチベーションもあがり楽しくなるので、

 

ココナラでアイコンを描いてもらうのはめっちゃオススメでした!