煽り運転許せない!サイコパス式対処法とは?

f:id:yamatoblogger:20190116212637j:plain

 

『煽り運転』近年、おおくの事件や事故によりその危険性が認知されてきました。

今日は、心理分析をしてあたらしい切り口の対処法をお伝えできればとおもいます。

 

 

まず前提としてドライブレコーダーは認知されているようにつけた方が安心だとおもいます。

 

とはいえ、それだけでは安心できませんよね?

  • ドライブレコーダーだけでは不安
  • 何をされるかわからない
  • 突然、被害にあうかも
  • 最近は過激なケースも多い

と、不安になる要素がお多すぎますよね。

 

よく煽り運転をするのはサイコパスだからとか聞きますが、それは逆に守りにもつかえるんじゃね?という仮説を検証していきたいとおもいます。

つまり、『目には目を』、『サイコパスにはサイコパス』という考え方ですね。

 

 

この記事では、煽り運転をする側の心理を分析しつつ、それを踏まえたうえでの1つの対策法を提案したいとおもいます。

 

この記事は約6分で読めますが結論だけ見たい方はもくじからサクッと飛べるようになっています。

 

もくじ

 

 

サイコパスとはどんな人?

ここは一般的にどういう人をさすんでしょうか?

犯罪心理学者のロバート・D・ヘアは以下のように定義している。

出典:精神病質 - Wikipedia 

と、言うことらしいですね。

 

ざっくりイメージにすると、『人に流されず、良くも悪くも我が道をゆく』というかんじですね。

書いてあることは全てサイコパスっぽい印象を受けます。

 

サイコパスの与える印象

これは、ひと言であらわすと『恐怖』ですね。

人間は理解のできないものや、よくわからなかったり知らないものに恐怖を感じます。

 

つまり、どういうことかと言いますと、「何を考えているかわからないから怖い

これです。思考回路や行動が理解できないので共感できないのが原因です。

 

ただし、良い面もあります。さきほど『人に流されず、良くも悪くも我が道をゆく』と表現しましたが、サイコパス性の高めの起業家や投資家などは成功しているケースも多くあります。

 

ということは、メリットとデメリットは考え方をかえるとどちらにもなります。

逆に考えるとサイコパスは、他人の影響を受けないためメンタルが強いといえますよね

 

ということで、サイコパスから学べる点は、

  1. 理解できないので恐怖をあたえる
  2. メンタルがつよい

この2点があげられます。つまり、相手に恐怖をあたえマウントを取り強いメンタルで迎え撃つというのがサイコパス式対処法というワケです。

 

煽り運転をする人の特徴とは?

まずは、煽り運転をする人にどのような特徴があるのかを考えてみましょう。

  • まわりへの迷惑を考えない
  • 感情にまかせて暴走する
  • 急に暴走スイッチが入ることがある

とこれも、サイコパス性が高そうな感じがしますね。

こちらもサイコパス同様、相手に『恐怖』をあたえる行為です。

 

なぜ煽り運転に恐怖するのか?

煽り運転によって心理的なストレスを受けることになります。

どういうことかと言うと理由がわからない恐怖にくわえ、あせりによって思考能力が低下します。 

 

そして、恐怖に支配され判断力をねこそぎ奪うのです。

想像しただけでも恐ろしい事態…

 

そのとき煽り運転のドライバーは何を考え、何を思っているんでしょうか?

まるで獲物を目前にしたライオンのように高揚を感じているのかもしれません。

 

煽り運転ドライバーが見たいのは、相手が恐怖を感じている表情なのかもしれません。

 

自分で書いていてもサイコパス感しかないなとおもいます(笑)

 

では、今まで書いてきた情報をまとめて対策を練ろうとおもいます。

 

サイコパス式対処法

 

 対処法は具体的に大きくわけて3つあります。

  1. 相手に不利益(損をする)を与える
  2. 相手に恐怖を与える
  3. メンタルを強く持つ

順番に解説していきます。

 

相手に不利益(損をする)を与える

相手の不利益を想像させて行動を抑制させる。

 

つまりどういう事かというと、煽り運転のドライバーにとって一番の不利益を考えてみるとわかります。

それはズバリ『逮捕される』ことです。

 

せっかく煽り運転をして、相手を追い詰めているのに逮捕されるてしまうと自由がうばわれる。これはかなりの不利益になりますよね。

 

逮捕に必要なのは証拠です、ドライブレコーダーやスマホで写真を撮りましょう

これは、通常の対策としても有効なので利用しましょう。

 

相手に恐怖を与える

いっきにサイコパス化がすすんだ感じがしますね(笑)

先ほどもお話した通り、人は理解できないものに恐怖を感じます。

 

ならば、煽り運転のドライバーにも恐怖を与えられれば効果ありそうとおもいませんか?

つまり、こちら側が相手の理解できない行動をとればいいのです。

 

具体的にこちらがすべき行動は『笑顔』です。

 

えっ!?と思いますよね?では想像してみてください。

 

あなたは、鬼ごっこの鬼です。最後のひとりをつかまえようとしています。

お、あんなところに隠れている…

タッチしてこのゲームを終わらせようとした次の瞬間、

ふいに最後のひとりがこちらをまじまじと見つめ急に満面の笑みになりひらすらこちらを見つめてくるのです。

 

ふつうに怖いですよねこれ…相当ホラーですよこれ…

 

つまり、そういうことで理由のわからない笑顔は不気味に見えます。

楽しいから笑顔になるのであって、追い詰められているのに笑顔になるハズがない。

なのに笑顔になっている、気味が悪いのでなにか笑顔になる要素を探そうとするはずです。

 

しかし理由はそもそも恐怖をあたえるためなので理由は残念ながらみつかりません。

 

メンタルを強く持つ

ここまでくればあとはメンタルを強く持ちましょう。

この時だけはサイコパスになりきり、メンタルを強化したいところです。

 

普段から瞑想などのメンタルトレーニングをしておくのも有効だと思いますね

 

【結論】

  • 相手の不利益になるような証拠をドライブレコーダーやスマホの写真にのこそう。
  • そして相手の顔が見えた時は『笑顔』で対応し恐怖を与える。
  • メンタルを強く持ってサイコパスをつらぬく。

 

いやらしいほどの笑顔でスマホをむけるとより効果的で、メンタル的にも「この人の運命は自分がにぎっている、さあどうしてやろうか」ぐらいの気持ちでサイコパスになりきりましょう。

 

サイコパスと聞くと怖いイメージもありますが、サイコパスから学ぶこともあります。

とはいえ、人知をこえたドライバーもいますから停車させられても車内から出ず素早く通報しましょう。

 

あくまでもお互いの顔が見えるときの最終手段としての対処法でした。

 

煽り運転が減ることを切に願います…